バリアフリーエンターテインメント事業

バンダイナムコグループでは、1985年より福祉事業を立ち上げ、他者とのコミュニケーションを図るのが困難であった障害の方に向けて、携帯型会話補助装置「トーキングエイド」(1985発売)等のAT製品を開発してきました。
その技術や経験を生かし、1999年より「遊び」と「福祉」の融合を本格的に目指す“バリアフリーエンターテインメント構想”を掲げ、リハビリテインメントマシンを中心とした機器開発、デイサービスセンターかいかや等空間創りを通して、より多くの方々に「遊び」の提案をしていきたいと考えています。

事業内容について
通所介護施設運営、介護関係講習会等の企画実施、開業相談、講演等の受託

トピックス

  • 2015年10月21日

    新ページできました
    ゲームマシンの効用、九州大学病院に皆様方と検証させていただきました。「ゲームで身体も脳も活性化」をご覧ください。「第49回日本理学療法学術大会発表」内容もご覧いただくことができます。

  • 2015年08月10日

    介護職員
    横浜ワールドポーターズ店、介護職員を募集しています。
    ご興味のある方はご一報を!
     横浜ワールドポーターズ店 045-662-8765 野村
       ※見学、随時受付中!

  • 2014年06月06日

    第49回日本理学療法学術大会
    5月31日九州大学病院からゲームマシンの活用効果が発表されました。詳細は花びら通信をご覧ください

  • 2014年06月06日

    2014年5月31日、かいかや綾瀬店において「在宅家族介護講習会」を開催いたしました。詳細は花びら通信をご覧ください

  • 2014年05月28日

    第49回理学療法学術大会
    5/31パシフィコ横浜にて、ゲームの活用効果が九州大学病院から発表されます。詳細は花びら通信をご覧ください